PS2ゲーム「WWE SmackDown vs Raw」を真似して9歳の少年が死亡

 北米でPS2のプロレスゲーム「WWE SmackDown vs Raw」を真似したことが原因と思われる死亡事故が発生したそうです。

 事件は、ニューヨークのブルックリンにあるアパートで発生し、アパートの近くで少年が自分で作ったと思われるパラシュートを背負って倒れていたそうです。
 少年は病院に運ばれましたが、1時間後に死亡したそうです。

 死亡した9歳の少年の友人の証言によると、PS2のプロレスゲーム「WWE SmackDown vs Raw」が大好きな9歳の少年は、以前からこのゲームに登場するレスラーであるジェフ・ハーディー(Jeff Hardy)を真似してスワンダイブを行いたがっており、9歳の少年はこれを真似してパラシュートを背負ってアパートの屋上から飛び降り、誤って死亡してしまったのではないかと証言しているそうです。

 この事件に関して、WWEのスポークスマンは、9歳の少年の死は痛ましく思うが、「WWE SmackDown vs Raw」は13歳以上しかプレイ出来ないレーティングのゲームであり、何よりもこのゲームにはパラシュートもアパートの屋上から飛び降りるシーンも登場しないとコメントしているそうです。

 情報元

コメント

  1. 匿名 より:

    どんととらい…RIP