アメリカ政府が370万ドルの資金を使って禁煙ゲームをDSで開発中

 アメリカ政府が370万ドルの資金を使って禁煙を促すゲームをDSで開発しているそうです。

 禁煙を促す方法としてなぜゲームを使うのかということについては、健康に関するメッセージを届ける手段としてゲームが最近人気になっていることや、健康に関する興味を維持させる方法としてゲームが優れているからと述べられています。

 アメリカ政府が370万ドルもの巨額の資金を禁煙ゲームのために使うのは、どうやら軍事の一環としての意味合いもあるようで、このゲームはアメリカ軍の兵士に対して喫煙を促すことを第一目的としているようです。

 このゲームは、2011年からプレイテストを行い、2013年にリリース予定だそうです。

 情報元