PS3、Xbox 360の開発費は3億6千万円、PSPは1億2千万円、PS2は5、6千万円

 マーベラスエンターテイメントの中山晴喜社長が平成20年3月期 決算説明会で各ハードの開発費についてコメントしています。

 これによると、マーベラスエンターテイメントでは、PS3、Xbox 360のソフトは3億6千万円程度、PSPのソフトは1億2千万円程度、PS2のソフトは5、6千万円程度の費用で開発しているそうです。

 かつてPS3、Xbox 360のソフトは最低でも10億円の開発費が必要などと言われていたこともありましたが、もちろん大作になればなるほど開発費が掛かるものの、現在は噂よりも安く開発することが出来るようです。
 ただ、PS3、Xbox 360のソフトの開発費を回収するためには、最低でも10万本を売ることが必要だそうです。
 このため、マーベラスエンターテイメントではリスク軽減のため、ハイエンドの開発をする際は必ずPS3とXbox 360のマルチで開発し、海外展開出来るタイトルのみ開発するそうです。
 なお、開発費については、PS2は現在は5、6千万円であるものの、発売当時は2~3億円の開発費が必要だったこともコメントされています。

 マーベラスエンターテイメントの今後のゲーム分野の展開としては、過去にWiiで出した実績あるタイトルを今後PS3とXbox360で展開することを検討しているということや、「牧場物語」のオンラインゲームを現在製作中で、今後1年ほどかけて完成させる予定であることなどがコメントされています。

コメント

  1. 匿名 より:

    Wii、DSは?