映画「バイオハザード」の4作目は3D映画で、新たな3部作の始まりとなる

 先日「映画『バイオハザード』の4作目が来年公開?」でお伝えしたように、映画「バイオハザード」の4作目(Resident Evil: Afterlife)が製作される予定になっていますが、監督のポール・W・S・アンダーソン(Paul W. S. Anderson)氏が、この映画「バイオハザード」の4作目についてコメントしています。

 これによると、映画「バイオハザード」の4作目は3D映画になり、新たなバイオハザード映画の3部作の始まりとなる映画になるそうです。

 また、今回の3D映画の製作には、ジェームズ・キャメロン監督が映画「Avatar」(アバター)で使用しているのと同じカメラシステムを用いるそうで、本格的な3D映画になるようです。

 情報元

コメント

  1. Zack より:

    ディジェネレーションのようになるのでしょうか・・・
    私は↑は観てすらいないのですが,どんな作品になるか楽しみです!
    シリーズファンとしては後々の発表が気になるところです。