悪魔城ドラキュラシリーズ新作は東京ゲームショウ2009で発表?

 E3 2009で悪魔城ドラキュラシリーズの新作として、「Castlevania -Lords of Shadow-」が発表されましたが、このソフトはコナミの小島プロダクションの担当ソフトとして発表され、これまで悪魔城ドラキュラシリーズを開発していたコナミの五十嵐孝司氏の担当によるものではありませんでした。
 そして、五十嵐孝司氏はE3 2009の会場で姿を見かけられることがなかったり、最近メディアに登場することもなくなっていることから、一部でコナミの五十嵐孝司氏はコナミを退社したのではないかという噂がありました。

 これについてコナミの広報は、五十嵐孝司氏はまだコナミに在籍しており、現在いくつかのプロジェクトに関わっているとコメントし、五十嵐孝司氏がコナミを退社したという噂を否定しています。

 また、コナミの広報によれば五十嵐孝司氏が担当している新作ソフトは、東京ゲームショウ2009で発表することを予定しているそうです。
 なお、五十嵐孝司氏の担当する新作ソフトが悪魔城ドラキュラシリーズの新作なのかどうかは明らかにされていませんが、いくつかのプロジェクトに関わっているとのことなので、そのうちの1つが悪魔城ドラキュラシリーズの新作である可能性は高いかもしれません。

 情報元