任天堂は今年の3本のソフトで各1000万本のセールスを期待

 読売新聞によると、任天堂の岩田社長は、今年の3本のソフトには全世界で各1000万本を販売出来る潜在力があるとコメントし、今年発売する3本の大型ソフトに対して各1000万本、合計3000万本のセールスを期待しているということを明らかにしたそうです。

 具体的な3本のソフトの名前は明らかにされていませんが、現在発表されているタイトルだと、Wiiスポーツリゾート、NewスーパーマリオブラザーズWii、Wii Fit Plusあたりが該当しそうな感じでしょうか。

 これらのソフトはどれも全世界で100万本、200万本は余裕で売れそうな感じではあるものの、1000万本のセールスとなると達成はなかなか難しいのではないかとも思えますが、前作はどれも1000万本のセールスを余裕で達成しているため、任天堂としては各1000万本のセールスというのは最低目標ぐらいに考えている可能性もあります。