ポケモン ハートゴールド ソウルシルバーの開発期間は約3年、タッチスクリーンでどれだけ遊べるかにこだわった

 2009年9月6日放送の「ポケモン☆サンデー」では、「ポケットモンスター ハートゴールド」、「ポケットモンスター ソウルシルバー」の発売直前ということで、序盤のゲームプレイの様子が紹介されました。

 まず、ゲームフリークの増田順一氏が登場し、ポケモン ハートゴールド ソウルシルバーの開発期間は約3年であることがコメントされました。
 また、今回はタッチスクリーンでどれだけ遊べるかにこだわり、左手に十字ボタン、右手にタッチペンを持って遊んでもらえるようなものにしたことがコメントされました。

 そして、番組ではポケモン ハートゴールド ソウルシルバーを実際にプレイし、序盤のゲームプレイの様子が紹介されました。

 まず、「コトネ」という主人公をサポートしてくれる女の子が紹介され、冒険に役立つ、電話、マップ、ラジオなどの色々な機能がとうさいされている「ポケモンギア」(ポケギア)が新登場することが紹介されました。
 次に、水のある場所に来ると水の音が聞こえるようになったことや、ランニングシューズに新機能が追加され、タッチ画面のランニングシューズボタンを一度押せば、Bボタンを押さなくてもダッシュ状態で移動出来ることが紹介されました。

 また、2009年9月18日(金)から2009年11月10日(火)まで配信される、ポケウォーカー用のポケモンとお出かけが出来る特別な「お出かけコース」である「きいろのもり」についての情報も紹介されました。
 「きいろのもり」では、普段は出会うことの出来ない特別なわざを覚えたピカチュウに出会うチャンスがありますが、その特別なわざのヒントがイラストに書かれてある風船で空を飛んでいるピカチューであることが明らかにされました。
 なお、特別なわざは1種類ではなく、また他にもバトルで役立つどうぐも拾えるそうです。

 最後に、「ポケスロン」のこれまでに紹介されていなかった競技が2つ紹介されました。

<キャッチソーサー>
・ ジャンプとパワーが必要とされる競技。
・ 飛んでくるソーサーをジャンプしてキャッチし、その得点を競う競技。
・ 後ろの方でキャッチするほど高得点。ただし、あまり端に行くと落ちてしまう。

<スティールフラッグ>
・ スピードとテクニックが必要とされる競技。
・ 走ってハタを集めて、手前の線まで持ってくる競技。
・ 他のチームとぶつかると集めたハタがとられてしまう。
・ 一度に9本しかハタを集められないので戻るタイミングも大事。

 「ポケットモンスター ハートゴールド」、「ポケットモンスター ソウルシルバー」の最新情報は「ポケットモンスター ハートゴールド ソウルシルバー」のページもご覧下さい。