PS3版「ベヨネッタ」はプラチナゲームズが作っていない

 プラチナゲームズの三並達也氏によると、PS3とXbox 360で発売予定の「ベヨネッタ」は、Xbox 360版はプラチナゲームズが作り、PS3版は完成したXbox 360版をセガが移植して作ったそうです。

 三並達也氏は、「今回、僕たちはまず最初にXBOX360版を開発し、全てのデータと資料をお渡ししてセガさんでPS3版の移植開発、そして移植方法に関して僕らからアドバイスしながら、できあがってきたものを監修し、PS3版として良いものに仕上げていく、という方法をとりました。そうした理由は、XBOX360とPS3ユーザーの皆さんに同じタイミングで『ベヨネッタ』をお届けするため」と説明しています。

 また、一部で「ベヨネッタ」のPS3版はXbox 360版と比べるとクオリティーが低いのではないかという意見もありますが、そのようなPS3版とXbox 360版の違いについては、「実は最近、質問をもらいます。360版とPS3版の違いはあるのか、ということです。これには興味ある方が多いでしょう。僕らは『ベヨネッタ』の作者として当然両方を見ているわけですからはっきり申し上げます。360とPS3のハード特性の違い、クセ、そういったものから当然のように違いは生まれますが、両ハードのソフトともにハードの特性に合わせて楽しんでもらえるよう配慮しましたので、あとは皆さんに実際にプレイしてもらって判断していただくのが一番だと思っています」とコメントしています。

 厳密にいえば、PS3版「ベヨネッタ」もプラチナゲームズが監修しているので、作っていないということではないのでしょうが、移植作業自体はセガが行っているようです。

 情報元

コメント

  1. 匿名 より:

    翻訳すると、劣化しちゃったけど、最低限、ゲームとして遊べるようになるようにはしましたってことか。
    ベヨはパスだな。ほかにもいろいろ欲しいのあるから助かったw