海外版「モンスターハンター3」はオンラインプレイを無料にすることを検討中

 カプコンのWii「モンスターハンター3」は、日本では既に発売されていますが、海外ではまだ発売されていません。
 カプコンは、北米やヨーロッパで発売する「モンスターハンター3」に、日本版からいくつかの変更を加える予定にしているそうです。

 北米のカプコンのChris Kramer氏によると、「モンスターハンター3」のオンラインプレイは日本では30日で800円からの有料サービスになっていますが、海外版ではこれを無料にすることを検討しているそうです。
 その理由としては、第一に、海外では「モンスターハンター」の人気がほとんどないことが挙げられおり、無料にすることでプレイしやすくしたいようです。
 第二の理由としては、海外版ではWiiのフレンドコードによるオンラインプレイを行えるようにするそうで、これによって日本と異なりカプコンがオンラインのサーバー代を全て負担する必要がなくなることが挙げられており、日本よりも運営コストが安くなるそうです。

 また、海外版の「モンスターハンター3」では、海外では非常に要望が多いので、Wiiスピークによるボイスチャットにも対応させる予定なのだそうです。
 ただ、これについては技術的に出来るかどうかはまだ分からないので、もし技術的に無理な場合は対応を見送るそうです。

 情報元

コメント

  1. みるk より:

    ヨーロッパ版のwiiとヨーロッパ版街へいこうよどうぶつのもりを
    購入した場合、日本のテレビで遊べますか?
    詳しくお願いします。

  2. より:

    そんなことより
    日本版無料にして欲しいですねww

  3. ラスク より:

    いえてるww