「ファイナルファンタジー」の略称は「ファイファン」なのか「エフエフ」なのか

 任天堂のWiiサイトで、任天堂の岩田社長とスクウェア・エニックスの河津秋敏氏のインタビュー記事が掲載されています。

 この中で、「ファイナルファンタジー」という名前はどうやって付けられたのかということについての話があり、「ファイナルファンタジー」の略称についてもコメントされています。

 まず、「ファイナルファンタジー」という名前は、河津秋敏氏によると、元スクウェアの坂口博信氏が決めたもので、わりと突然決まった感じの名前であることがコメントされています。

 ただ、元々名前を付けるための方針はあり、略したときにアルファベットが2文字重なるような名前が考えられていたそうです。
 「ファイナルファンタジー」の場合は、「ファンタジー」(Fantasy)という言葉をどうしても入れたいということで、まず「ファンタジー」という言葉が決まり、その他に「F」から始まる言葉を探したときに、「ファイナル」(Final)という言葉が選ばれたそうです。

 「ファイナルファンタジー」の略称については、「ファイファン」と呼ばれることもありますが、前述のように省略したときにアルファベット2文字が重なるような意図で名前が付けられていることから、略称は「FF」で、「エフエフ」と呼ぶのが公式的な略称なのだそうです。

 なお、「ファイナルファンタジー」の「ファイナル」の由来については、先日お伝えした「『ファイナルファンタジー』はなぜ『ファイナル』なのか?」の理由の方がより適切だと思われます。

 情報元