Wii「戦国無双3」はアクションゲーム初心者に配慮、有料の追加コンテンツも配信

 任天堂のWiiサイトのクリエーターズボイスのコンテンツが更新され、コーエーの「戦国無双3」のプロデューサー鯉沼久史氏のインタビュー記事が追加されました。

 この中で、Wiiにはライトユーザーが多いという判断だからなのか、Wii「戦国無双3」は「特に今回に関してはWiiで作るということでアクションゲーム初心者の方にも敷居の低いように、今まで以上にシステム面でいろんな工夫をしています」ということがコメントされています。
 インタビューによれば、Wii「戦国無双3」には新要素として、いたるところにチュートリアルがあり、また従来からもある要素ですが、シナリオを選ぶときに「やさしい」「普通」「難しい」という難度を選択出来るようにしてアクションゲーム初心者に配慮しているそうです。

 また、Wii「戦国無双3」には、「戦国史モード」という追加の有料ダウンロードコンテンツが用意されており、これが初期、中期、後期に分けて全3回、各300Wiiポイントで配信される予定になっているそうです。

 他には、インタビューではWii「戦国無双3」は全体にボリュームアップしていて、村雨城モードだけでもかなりボリュームがあることなどもコメントされています。

 Wii「戦国無双3」クリエーターズボイス
 Wii「戦国無双3」 公式サイト

 Wii「戦国無双3」 通常版(Amazon)
 Wii「戦国無双3」 特製クラシックコントローラーPRO同梱版(Amazon)

コメント

  1. 匿名 より:

    文面的に3での新要素ってな感じになってますが、難易度選択は無双シリーズ共通の要素ですよ。
    従来の難易度選択に加えて、今回はチュートリアルもあるよ、ってことですな。

  2. 管理人 より:

    コメントありがとうございます。
    チュートリアルの方に「新要素として」を、難度の方に「従来からもある要素ですが」という文を追加しました。