フランスのマジコン裁判で「DSはWindowsのように自由であるべき」と言われ任天堂が敗北

 先日、「任天堂が海外のマジコン関連の訴訟で敗北する」でお伝えした任天堂による、任天堂DSの拡張機器(いわゆるマジコン)関連の海外の裁判ですが、任天堂はまだ他にも海外で裁判を行っていたようで、その判決が新たに明らかになっています。

 今回判決が明らかになった任天堂のマジコン関連の訴訟は、フランスのものです。
 フランスの裁判所は、ニンテンドーDSはWindowsのように誰でも自由にアプリケーションを開発出来るようにするべきで、それを望む者を締め出すべきではないと述べ、任天堂の主張を却下し、事実上、マジコンの違法性を認定しなかったそうです。

 任天堂の主張内容は詳しくは分かりませんが、却下理由から考えると、おそらく前述のスペインの裁判と同じようにニンテンドーDSの機能を拡張出来るのは任天堂だけであるというようなことを述べていたのではないかと思われます。

 前述のスペインの裁判では、スペインという国の著作権に対する意識の違いという部分もあったため、他の国の判断への影響はあまりないのではないかとも言われていましたが、今回のフランスの裁判は比較的大きなものだったということもあって、特にヨーロッパの他の国の判断にも影響があるのではないかとみられているようです。

 情報元

 
続報:
  任天堂が、マジコンの販売者に対する刑事摘発が行われたことを発表、無罪→有罪の海外の判決も

コメント

  1. つちのこ より:

    てことはつまりフランスでマジコンをやっても違法にはならないということなのか!?