Metacriticによる2009年の評価スコアの平均が最も高いハードはPS3、最も低いのはWii

Metacriticによる2009年の良いゲームが全体的に多いハードの1位はPS3、最下位はWii

 海外でよく話題にされているレビューの集計サイト「Metacritic」が、2009年(12月7日分まで)の総決算として、情報をまとめています。

 これによると、2009年に発売されたゲームの評価スコアの平均が最も高かったハードはPS3だったそうです。
 逆に、2009年に発売されたゲームの評価スコアの平均が最も低くかったハードはWiiだったそうです。

 全体的な数値は上の図の通りで、PS3は、良いと評価されるゲームタイトルが全体的に多く、悪いと評価されるゲームタイトルが全体的に少なかったことでトップとなっています。
 Wiiは、良いと評価されるゲームタイトルが全体的に少なく、悪いと評価されるゲームタイトルが全体的に多かったことで最下位になっています。

Metacriticによる2009年の良いゲームが全体的に多いハードの1位はPS3、最下位はWii 2

 また、2009年に発売されたゲームで最も評価スコアが高かったのは、PS3「アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団」で、次がPS3版の「Call of Duty:Modern Warfare 2」、3番目がPS3版の「ストリートファイター4」になっていて、ここでもPS3の評価が高かったことが分かる結果になっています。

 情報元