Wii「NHK紅白クイズ合戦」は、NHKロゴを使用した初のゲームソフト

 任天堂のサイトに、「社長が訊く『NHK紅白クイズ合戦』」のコンテンツが追加されました。

 今回は、ゲームにも収録されている「クイズ面白ゼミナール」の司会の鈴木健二氏と任天堂の岩田社長の対談と、開発スタッフインタビューの2種類が公開されています。

 この中の開発スタッフのインタビューでは、「NHK」という名前や「紅白」という名前の商品がNHK以外から出るのはこれまでありえないことで、「NHK」のロゴが使用された他社製の商品としては、番組関連の本があるものの、ゲームソフトとしてはWii「NHK紅白クイズ合戦」が初めてであることなどがコメントされています。

 また、ゲーム内に使われている過去のNHKで放送された映像の権利処理が大変で、神社仏閣などの映像であってもゲームに使用されるのは初めてだからということで、断られるケースもあったそうです。

 そして、鈴木健二氏のインタビューでは、人間の大脳生理は自分から向かって左のものを先に見るので、スーパーマリオのような横スクロールのゲームで右から左に進むようなものにすると、半分の人は出来ないのではないかという鈴木健二氏の理論などが紹介されています。

 社長が訊く『NHK紅白クイズ合戦』
 Wii「NHK紅白クイズ合戦」(Amazon)