パッケージの色が黒いWiiソフトがある理由は?

パッケージの色が黒いWiiソフトがある理由は?

 任天堂のWiiのソフトは、基本的にパッケージの色が白色になっていますが、2010年1月から上の画像のようなパッケージの色が黒いWiiソフトが発売されるようになっています。

 パッケージの色が黒いWiiソフトがある理由は、ゲームの年齢制限の関係です。
 ゲームの年齢制限の関係のCEROのレーティングで、「C」、「D」、「Z」になっているゲームは、今年から黒基調のパッケージで発売されるようになっています。
 CEROのレーティングでは、「C」は15歳以上対象のソフト、「D」は17歳以上対象のソフト、「Z」は18歳以上のみ対象のソフトになっています。

 ただ、CEROのレーティングで「C」、「D」、「Z」になっているWiiソフトでも、2010年1月までに発売されているものは白いパッケージで発売されています。

 なお、Wiiのソフトでは例外的に「New スーパーマリオブラザーズ Wii」のパッケージの色が赤色というものもあります。
 これについては、先日お伝えした「『New スーパーマリオブラザーズ Wii』のパッケージが赤い理由」をご覧下さい。

スポンサーリンク

シェアする