アメリカでよく売れている映画を基にしたゲームの購入者層は?

 日本では映画を基にしたゲームはほとんど売れず、その映画の日本語版は公開されるものの、その映画のゲームの日本語版が発売されないということもありますが、北米では映画を基にしたゲームがよく売れ、月間売り上げランキングの上位に来ることも珍しくありません。

 そのような映画を基にしたゲームは、アメリカではいったいどういった人たちが購入しているのかというデータが北米の調査会社のNielsenによって一部明らかにされています。

 これによると、映画を基にしたゲームを購入するのは、6~12歳の人々が最も多いそうです。
 また、年収7万ドル(約630万円)以上の比較的金銭的に余裕のある家庭の人々がよく購入する傾向にあるそうです。

 映画を基にしたゲームは、アメリカでは映画文化が強いので、アニメ文化の強い日本でアニメを基にしたゲームが低年齢層の人々によく売れるのと同じような感じで売れているということのようです。