ニンテンドーDSの後継機が「遊ぶ人の動きを読み取るセンサー機能が必要条件になる」は朝日新聞の不正確な報道

 先日「ニンテンドーDS2は、モーションコントロール対応?」でお伝えした、ニンテンドーDSの後継機が「遊ぶ人の動きを読み取るセンサー機能が必要条件になる」と、任天堂の岩田社長が言ったと話題になっていた朝日新聞の報道について、岩田社長がコメントしています。

 朝日新聞の記事では、ニンテンドーDSの後継機について、任天堂の岩田社長が「『高精細な映像表示や、遊ぶ人の動きを読み取るセンサー機能が必要条件になる』と述べた」と読み取れるように書いています。

 しかし、岩田社長によると、実際には、「記者の方から、『次のDSは高精細のグラフィックスになってモーションセンサーとか入るんですよね』と聞かれました。『そういうことは当然必要とされるんでしょうね。でもそれだけで売れると思いますか?』というのが私が答えたこと」なのだそうです。

 つまり、岩田社長が「『高精細な映像表示や、遊ぶ人の動きを読み取るセンサー機能が必要条件になる』と述べた」のではなく、実際にはそのような言葉は朝日新聞の記者の人が言った言葉だったようです。

 岩田社長としては、特にその言葉を一々否定せずにインタビューを進めていたら、記事ではいつの間にか自分から発した言葉にされてしまったということだったようです。

 岩田社長も「私は『そういうことは必要とされるでしょう』と申し上げましたので、決して間違いではないんですが」とコメントしていますが、岩田社長が自ら発した言葉なのか、記者の人が発した言葉なのかでは全然意味合いが違い、不正確な報道で、ニンテンドーDSの後継機が「遊ぶ人の動きを読み取るセンサー機能が必要条件になる」というのはどうやら決定事項ではないようです。

 ただ、モーションコントロール対応にするための部品や技術は安価で、それなりに新機能としてのインパクトも強く任天堂向きと思われることから、実際にニンテンドーDSの後継機がモーションコントロールに対応する可能性は高いかもしれません。

 情報元