カプコンの3Dゲームへの対応は、戦略的に判断

 カプコンの2010年3月期決算資料の中で、カプコンの3Dゲームへの対応についてのコメントがあります。

 これによると、カプコンの3Dゲームへの対応は、「技術的に3Dへの対応は可能であり、一部で研究を進める準備はありますが、ゲームへの実装については戦略的に判断してまいります」ということにしているそうです。

 「戦略的に判断」というものが具体的にどのようなものなのかは分かりませんが、売れそうだと思えば積極的に対応する、売れそうに思えなければ対応しないということも「戦略的に判断」というものに含まれるかもしれません。
 また、「一部で研究を進める準備はありますが」とのことなので、カプコンは研究を進める準備があるだけで、既に3Dゲームを開発中ということではないようです。

 情報元

スポンサーリンク

シェアする