ニンテンドー3DSは、3次元スティック、振動、加速度センサー付き

 日経に、ニンテンドーDSの後継機として発表された「ニンテンドー3DS」についての情報が掲載されています。

 これによると、「ニンテンドー3DS」には、「3次元的な操作ができるスティック」が付いているそうです。
 「3次元的な操作ができるスティック」というものが、どのようなものかは不明ですが、おそらくアナログスティックのようなものだと思われます。

 また、「ニンテンドー3DS」には、キャラクターが受けた攻撃などの衝撃をプレイヤーに振動で伝える振動機能(タッチペン振動?)が付属するそうです。
 他には、「ニンテンドー3DS」には、「ニンテンドー3DS」の本体を傾けて操作出来る加速度センサーの搭載も検討されているそうです。

 そして、「ニンテンドー3DS」は、従来のニンテンドーDSと比べ、通信速度が大幅に向上し、電池の持続時間も大幅に増加するそうです。

 「ニンテンドー3DS」の画面サイズは、4インチ以下になる見込みで、ニンテンドーDSi LLの4.2インチよりも小さい画面になるようです。

 情報元

コメント

  1. k より:

    ついにきましたね。
    この発表待ってました。