Xbox 360が外付けUSBメモリとHDDに対応、純正メモリユニットと120GB HDDは販売終了

 Xbox 360が、外付けのUSBメモリと外付けのUSB HDDに対応することが明らかにされました。
 Xbox 360の外付けのUSBメモリと外付けのUSB HDDへの対応は、2010年4月6日に実施される本体のアップデートで実装されるそうです。

 このアップデートが行われると、外付けのUSBメモリや外付けのUSB HDDを、純正のHDDと大体同じように使用することが出来ます。
 外付けのUSBメモリや外付けのUSB HDDが対応するデータは、プロフィール、セーブデータ、デモなどで、他のデータの対応も予定されているようです。

 外付けのUSBメモリや外付けのUSB HDDを使用することが出来るのは16GBまでで、それ以上の容量のUSBメモリやUSB HDDを使用しても、Xbox 360で使用出来るのは16GBまでに制限されます。
 ただし、USBメモリやUSB HDDを2つ利用して最大で32GBまで使用することが可能です。
 なお、外付けのUSB HDDは、正式対応ではなく、このアップデートでおそらく動作するとされていて、また、速度の問題などで使用が推奨されないようです。

 そして、このアップデートで外付けのUSBメモリと外付けのUSB HDDが使用出来るようになり、あまり意味がなくなるため、マイクロソフトの純正メモリユニットの販売が終了するそうです。
 また、250GBの販売が開始されたので、120GB HDDの販売も終了するそうです。

 なお、外付けのUSBメモリは、マイクロソフト純正(SanDisk製)のものも今後発売されるそうです。

 情報元 

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    新型への準備が進んでるのかな?