レイトン教授シリーズは、海外でも任天堂販売ではなくレベルファイブ販売にする

 レベルファイブの日野晃博社長のインタビュー記事の中で、レベルファイブの海外進出についてのコメントが掲載されています。

 これによると、現在、レイトン教授シリーズは海外では任天堂が販売していますが、日野晃博社長は、「ゆくゆくは自社で出していけたらと考えています」とコメントし、将来的には日本と同じように海外でもレベルファイブがレイトン教授シリーズを販売していきたいということを明らかにしています。

 そして、そのために北米と欧州に拠点を置き、まず北米のオフィスから整備を始め、東京と福岡から送り込むスタッフと、現地採用スタッフによる10人くらいのチームを立ち上げる予定にしているそうです。

 また、レベルファイブは、今後は海外でもブランドを築いていく必要があると考えていて、いずれはエレクトロニック・アーツやUBIソフトのような存在にならないといけないと思っているそうです。

 なお、レイトン教授シリーズは、最新作の「レイトン教授と魔神の笛」の国内での売り上げは、シリーズものの宿命として段階的に売り上げが落ちているものの、海外で販売している1作目、2作目が非常に好調なため、ロイヤルティー収入が非常に大きく、会社全体で見て利益面で一番貢献している作品はレイトン教授シリーズになっているそうです。

 情報元