ニンテンドー3DS(Nintendo 3DS)

ニンテンドー3DS(Nintendo 3DS)

 ニンテンドー3DS(Nintendo 3DS)がE3 2010の任天堂のプレスカンファレンスで発表されました。

 ニンテンドー3DS(Nintendo 3DS)は、これまで「仮称」となっていましたが、正式名称はそのまま「ニンテンドー3DS」(Nintendo 3DS)となります。

ニンテンドー3DS(Nintendo 3DS) 3D表示

 ニンテンドー3DSは、上が3.53インチワイドの画面で、3D表示出来るようになっています。
 ニンテンドー3DSの3D表示は、上画面の右側にあるスライダーで表示を調整したり、OFFにしたり出来ます。

ニンテンドー3DS(Nintendo 3DS) アナログパッド

 ニンテンドー3DSの下画面は、3.02インチの3D表示非対応の画面で、タッチパネルになっており、左の十字キーの上にアナログパッドが付いています。

 ニンテンドー3DSの技術的な詳細は語られませんでしたが、従来のニンテンドーDSよりもグラフィック性能が向上していることが明らかにされています。
 また、ニンテンドー3DSには、モーションセンサー、ジャイロセンサーが搭載されていることも明らかにされています。

 そして、ニンテンドー3DSでは、ハードウェアで自動通信をサポートするようになっており、ゲームをプレイしている状態でもすれ違い通信のような他のニンテンドー3DS本体などとの通信が出来るようになっています。

ニンテンドー3DS(Nintendo 3DS) カメラ

 更に、ニンテンドー3DSにはカメラ機能が付いていて、カメラも3Dをサポートしており、ニンテンドー3DSで3D写真を撮ることが可能になっています。
 また、ニンテンドー3DSでは、3D映像の再生もサポートしていて、ディズニーなどのハリウッドの3D作品をニンテンドー3DSで楽しむことが出来るようになっていることが明らかにされています。

 ニンテンドー3DSのスペックのページ