新型Xbox 360で「レッドリング」が絶対に発生しない理由

 Xbox 360は、故障率が高く、特定の原因で故障するとXbox 360本体前面のリング部分が赤くなり、この状態が「Red Ring of Death」(RROD、死のレッドリング)などと呼ばれ、Xbox 360の故障一般を指すようになっていますが、E3 2010で発表された新型Xbox 360ではこの「レッドリング」が絶対に発生しないようになっています。

 これは、新型Xbox 360は、物理的にレッドリングが絶対に発生しないようになっているということです。

 つまり、「物理的」なので、新型Xbox 360が絶対に故障しないようになっているという意味ではなく、新型Xbox 360では故障時にリングが赤く光るという仕様がなくなっているという意味です。

 新型Xbox 360では、故障した場合、レッドリングになるのではなく、レッドドット(赤い点)が点灯するのではないかと言われています。

 情報元

 新型Xbox 360、Xbox 360スリム(Amazon)
 新型Xbox 360、Xbox 360スリム(ビックカメラ)
 新型Xbox 360、Xbox 360スリム(ソフマップ)

スポンサーリンク

シェアする