NTTドコモが、任天堂、ソニーと携帯ゲーム機の3Gネットワーク接続機能について協議中?

 NTTドコモの山田隆持社長によると、NTTドコモは、携帯ゲーム機の3Gネットワーク接続機能(携帯電話の通信機能)に関して、様々な企業と協議しているそうです。

 NTTドコモの山田隆持社長は、具体的な企業名を明らかにしていませんが、「携帯ゲーム機関連の様々な企業」ということが明らかにされているため、NTTドコモが協議している企業には、任天堂とソニーが含まれているとみられています。

 ソニーについては、去年、「ソニーが携帯電話機能付きのPSPの開発を計画中」などでお伝えしたように、携帯電話機能付きのPSPを作っているということが、過去何度も報じられているため、次世代携帯ゲーム機に3Gネットワーク接続機能が付いたものもラインナップされることは、ほぼ確実ではないかとみられています。

 任天堂については、課金型の3Gネットワーク接続機能には否定的ですが、AmazonのKindleのような無償型の3Gネットワーク接続機能には肯定的で、また、大失敗したものの過去には「モバイルシステムGB」などの携帯電話連動サービスを展開していたこともあって、携帯ゲーム機の3Gネットワーク接続機能はいずれ取り入れるのではないかとみられています。

 なお、ニンテンドー3DSについては、ニンテンドー3DS同士で自動的に通信したり、インターネットに接続したりすることが可能になるとしているものの、接続方法の詳細については明らかにされておらず、また、ニンテンドー3DSの開発チームを率いる任天堂の紺野秀樹氏は、今後通信事業者と協議する可能性があると述べているということなども報じられており、ニンテンドー3DSの通信機能についてはまだ謎があることも明らかにされています。

 情報元

スポンサーリンク

シェアする