3DS「キングダムハーツ 3D」は、任天堂からの指名で開発、主人公2人を交互に操作するシステム

 ニンテンドー3DS用として開発されている「キングダムハーツ 3D」(KINGDOM HEARTS 3D)(仮称)について、スクウェア・エニックスの野村哲也氏のインタビュー記事が掲載されています。

 これによると、ニンテンドー3DS用として「キングダムハーツ 3D」を作ることになった経緯は、任天堂からニンテンドー3DSについて熱心に話をされ、「キングダムハーツ」を作って欲しいという指名を受けたことから、開発することに決めたそうです。

 また、「キングダムハーツ 3D」の主人公は、ソラとリクの2人であることが明らかにされていますが、ゲームシステムとしては、「キングダムハーツ バース バイ スリープ」のように、1人をクリアしてもう1人を、という感じではなく、2人を交互に操作して進めるものになっていることが明らかにされています。

 野村哲也氏は、ニンテンドー3DSの奥行きの生かし方として「落下」というものを考えており、「キングダムハーツ 3D」で「やりたいのは、触れる『KH』、落ちる“ソラ”、飛ぶ“リク”。テーマは“信頼”ということになるでしょうか。1人ではどうしても成せないことがあり、それをいかに他者を信頼して成していくか、ということになると思います。」ということもコメントしています。

 なお、野村哲也氏は、ニンテンドー3DSで「キングダムハーツ 3D」以外のタイトルを開発する構想もいくつか持っているそうです。

 情報元