DS「ドラゴンクエスト9」が北米で13万2千本のセールス

 DS「ドラゴンクエスト9」は、2010年7月に北米で発売されましたが、2010年7月の「ドラゴンクエスト9」の販売本数が明らかになっています。

 DS「ドラゴンクエスト9」の北米でのセールスは、約13万2千本となっています。

 DS「ドラゴンクエスト9」は、北米では任天堂が販売しており、任天堂の力によってタレント起用のCM放送など、大きな宣伝活動が行われていましたが、イマイチ売れなかったようです。

 日本での大作ソフトを北米で任天堂が売るパターンとしては、最近のものではカプコンのWii「モンスターハンター3」がありましたが、こちらも「Wii『モンスターハンター3』の北米での販売本数は12.6万本ぐらい?」でお伝えしたように、任天堂の力をもってしてもイマイチ売れなかったようなので、苦戦が続いている感じになっています。

 ただ、北米でもDSソフトはジワ売れするパターンがよくあるので、DS「ドラゴンクエスト9」も今後の更なる売り上げが少し期待出来るかもしれません。

 なお、前作、PS2「ドラゴンクエスト8」は、北米での累計セールスが約45万本になっているので、DS「ドラゴンクエスト9」は最低でも累計で45万本以上売れなければ、任天堂としては少し面目丸つぶれな感じになってしまうかもしれません。

 情報元