FF13-2は? ファイナルファンタジー13チームの新作の発表は近い?

 「ファイナルファンタジー13 アルティマニアオメガ」に掲載されている、スクウェア・エニックスの北瀬佳範氏、鳥山求氏のインタビュー記事が明らかになっています。

 これによると、ファイナルファンタジー13チームは、現在、次の新作を開発中なのだそうです。
 そして、この新作の発売時期については、会社全体の方針として、1タイトルを2年のペースで開発するように社長から指示が出されているので、発売時期がその辺りになるように開発が進められているようです。

 よって、「ファイナルファンタジー13」が発売された2009年12月から2年後の、2011年12月あたりの発売を目指して新作が開発されているようです。

 また、「ファイナルファンタジー13」については、神話の内容がほんの一部分で間接的であり、「ファイナルファンタジー アギト13」でも、「ファイナルファンタジー ヴェルサス13」でも語りきれないものになっているので、何らかの形で補完したいということがコメントされています。
 鳥山求氏は、特に、ライトニングが幸せになる物語をいつか作りたいと思っているそうです。

 ただ、これが「ファイナルファンタジー13-2」のようになるのかどうかは分からず、FF13-2が出るかどうかはファンのリアクション次第と考えていることが明らかにされています。

 なお、スクウェア・エニックスは、来年初めに「ファブラ ノヴァ クリスタリス ファイナルファンタジー13 カンファレンス」を予定しているので、そこでファイナルファンタジー13チームの新作が発表されるのではないかとみられています。

 ファイナルファンタジー13 アルティマニアオメガ(Amazon)