ニンテンドーDSの配信サービスを作れるソフトがDSiウェアに登場予定

 ニンテンドーDSの配信サービスを作れるソフトが、DSiウェアとして任天堂から配信される予定であることが明らかにされました。

 ニンテンドーDSの配信サービスを作れるソフトというのは、博物館や美術館、大阪の水族館「海遊館」や「新江ノ島水族館」などで実用化されている、ニンテンドーDSの「音声ガイド」のようなものを作ることが出来るソフトです。

 このニンテンドーDSの配信サービスを作れるソフトを使えば、例えば、町内のイベントのスタンプラリーを作ったり、喫茶店で各テーブルに座ってDSを見るとお店のメニューが見れたり、お店の細かい紹介がされたり、音声番号を押すだけで、美術館と同じように音声のサービスが受けられたりするようなものを自分で作ることが出来ます。

 このソフトの正式なタイトルなどは明らかにされていませんが、DSiウェアとして2010年11月に任天堂から配信される予定になっているそうです。

 情報元

コメント

  1. ヤッホーウ より:

    ヤッホーウ