アメリカの任天堂の社長が「ドラクエ9」を200時間以上プレイ中

アメリカの任天堂の社長が「ドラクエ9」を200時間以上プレイ中

 アメリカの任天堂の社長であるReggie Fils-Aime氏の、DS「ドラゴンクエスト9」のプレイ画面の画像が公開されています。

 これによると、Reggie Fils-Aime氏は、DS「ドラゴンクエスト9」を200時間以上プレイしています。

 Reggie Fils-Aime氏の「ドラゴンクエスト9」のプレイ時間は、現在のところ201時間27分ほどで、マルチプレイ時間は2時間18分ほどになっています。

 DS「ドラゴンクエスト9」は、エンディングをみるまでならば、プレイ時間はそれほど必要ありませんが、クエストなどを色々行うと相当時間が掛かるため、201時間程度のプレイ時間は珍しくありませんが、アメリカの任天堂の社長をしながら201時間以上もプレイしているのは、「ドラゴンクエスト9」をかなり気に入っているということなのかもしれません。

 なお、DS「ドラゴンクエスト9」は、アメリカでは任天堂が販売しています。

 情報元