ヨーロッパの赤いWiiに「ドンキーコング」のアーケード版が付属

 先日、「ヨーロッパ版のスーパーマリオ25周年のWii本体は、『NewスーパーマリオブラザーズWii』や『ドンキーコング』が付属」で、ヨーロッパ版のスーパーマリオ25周年の赤いWii本体に、「ドンキーコング」が付属するということをお伝えしましたが、この付属するドンキーコングの詳細が明らかになっています。

 ヨーロッパの赤いWiiに付属するドンキーコングは、ファミコン版ではなく、上の動画のようなアーケード版のドンキーコングになっています。

 ファミコン版とアーケード版のドンキーコングの違いは、細かなところでいくつかあり、一番大きなものは収録されているステージ数の違いで、ファミコン版は3ステージ、アーケード版は4ステージ収録されています。

 ファミコン版が3ステージになっているのは、当時のファミコンの容量の問題から移植する際に1ステージ削られたと言われていますが、ヨーロッパの赤いWiiに付属するドンキーコングは、4ステージあるアーケード版のドンキーコングが収録されています。

 ただ、このドンキーコングは、正確にはアーケード版そのままではなく、ファミコン版にアーケード版から削ったステージを追加したようなものになっていて、ファミコン版ともアーケード版とも違う、2010年製の新たなドンキーコングと言うべきもののようです。

 このアーケード版のドンキーコングは、ヨーロッパ版のスーパーマリオ25周年のWii本体に予めインストールされていて、バーチャルコンソールのソフトとして付属しています。

 なお、現在、バーチャルコンソールのソフトとして配信されているのは、ファミコン版のドンキーコングだけなので、このアーケード版のドンキーコングのバーチャルコンソールを入手する方法は、今のところヨーロッパ版のスーパーマリオ25周年の赤いWii本体を購入するしか方法がありません。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    いや、これ面が増えた以外はファミコン版のまんまだし
    面構成が日本版だし突っ込みどころ満載なんですががが

  2. 管理人 より:

    コメントありがとうございます。
    正確にはアーケード版とは違うということを追記させていただきました。