任天堂が「イナズマイレブン」をヨーロッパで販売

任天堂が「イナズマイレブン」をヨーロッパで販売

 日本ではレベルファイブが販売している「イナズマイレブン」を、ヨーロッパでは任天堂が販売することが明らかになりました。

 任天堂が販売する「イナズマイレブン」は、DSの「イナズマイレブン」です。

 レベルファイブについては、北米とヨーロッパに現地法人を既に設立しており、また、過去に日野晃博社長が「レイトン教授シリーズは、海外でも任天堂販売ではなくレベルファイブ販売にする」とコメントし、脱任天堂を計画していることを明らかにしていたため、これからは自社で海外販売を行っていくのかと思われていましたが、実際にはレイトン教授シリーズと同じように、イナズマイレブンシリーズをヨーロッパでは任天堂ソフトとして販売していくようです。

 任天堂による「イナズマイレブン」の販売は、2011年1月下旬から順次開始される予定で、また、ヨーロッパでイナズマイレブンのアニメシリーズの放送も予定されています。

 「イナズマイレブン」については、北米での販売も予定されているため、北米でも任天堂が「イナズマイレブン」を販売する可能性が高いかもしれません。

 なお、「イナズマイレブン」については、日本的なコンテンツであり、北米やヨーロッパでは全くヒットしないのではないかという見方もあるようですが、まだ何も正式展開されていない段階からちょっとした人気が北米やヨーロッパで既にあり、また任天堂販売になったことでこれから更に知名度も上がるとみられているため、日本並みのヒットも十分期待出来るのではないかとも言われています。