プレイステーションネットワークは、現在は赤字で、2011年度に黒字化を目指す

 ソニーの平井一夫氏のインタビュー記事が掲載されています。

 この中で、ゲーム配信などを行っている「プレイステーションネットワーク」(PSネットワーク、PSN)についてコメントされています。

 これによると、プレイステーションネットワークは、現在は赤字で運営しており、2011年度に黒字化を目指すことにしているとのことです。

 プレイステーションネットワークの売上高は、2009年度が360億円で、2010年度はその約2倍が目標になっています。
 また、プレイステーションネットワークのアカウントは、2010年11月時点で6000万件を突破しています。

 なお、ソニーが行っているオンラインプラットフォームビジネスとしては、プレイステーションネットワークの他に、映像や音楽配信の「Qriocity」(キュリオシティ)、電子書籍の「リーダーストア」もありますが、これらも現時点では赤字運営になっているとのことです。

 情報元

コメント

  1. 匿名 より:

    マジでネット関係を箱〇のように有料化しないと潰れるんじゃないの?

  2. 匿名 より:

    ねーよ・・・

  3. 匿名 より:

    PSPってエミュレータ機能あるわけですから
    バーチャルコンソールアーケードみたいなもの
    出すんですよね?