PSP携帯は、タッチパネルで「マルチタッチ」を採用

PSP携帯は、タッチパネルで「マルチタッチ」を採用

 「PSP携帯」(PSP Phone)、「PS携帯」(PS Phone)、「Xperia Play」などと言われている、ソニー・エリクソンが発表すると噂のゲームの出来る携帯電話ですが、採用されるディスプレイの情報が少し明らかになっています。

 これによると、PSP携帯は、タッチパネルになっていて、さらに「マルチタッチ」を採用しているようです。

 「マルチタッチ」とは、通常のタッチスクリーンがタッチした場所を同時に1か所しか認識することが出来ないのに対して、複数のポイントをタッチしてそれぞれのタッチ場所を同時に認識することが出来るというものです。

 マルチタッチは、iPhoneなどでも採用されていますが、PSP携帯のマルチタッチは高精度で反応も良いとされています。

 PSP携帯には、十字キー的なものや、アナログパッド的なもの、傾きセンサーなども搭載されているため、ゲームの操作系統としては現在の主要なものがほぼ全部入った形になっているようです。

 また、PSP携帯にマルチタッチが採用されたことで、ゲーム画面上にコントロールスティックとボタンを表示させて操作するというようなiPhoneなどでよく使われているバーチャルなコントローラーも実現させることが出来るようになっています。

 なお、PSP携帯がマルチタッチになったことにより、PSP2にもマルチタッチが採用されている可能性が高くなったとみられているようです。

 情報元