ニンテンドー3DSはリージョンフリーではなく、リージョン制限あり

ニンテンドー3DSはリージョンフリーではなく、リージョン制限あり

 ニンテンドー3DSのリージョン規制についての情報が明らかになっています。

 これによると、ニンテンドー3DSはリージョンフリーではなく、リージョン制限があるとのことです。

 リージョン規制、リージョン制限というのは、すごく簡単に言うと、日本版のニンテンドー3DS本体で海外版のニンテンドー3DSソフトが遊べるかどうかということで、規制、制限がある場合は基本的には遊べません。

 よって、ニンテンドー3DSはリージョンフリーではなく、リージョン制限があるので、日本版のニンテンドー3DSでは海外版のニンテンドー3DSのソフトは基本的には遊べず、もし海外版のニンテンドー3DSのソフトを遊びたい場合は、そのソフトが発売された国で発売されているニンテンドー3DSの本体が必要ということになっています。

 ニンテンドー3DSのリージョン規制については、通常は気にする必要はありませんが、海外で発売されたソフトを輸入するなどしてプレイしたいという場合は少し注意が必要になっています。

 なお、ニンテンドーDSシリーズは、ニンテンドーDSiまではリージョン規制がなく、リージョンフリーでしたが、ニンテンドーDSiからは、ニンテンドーDSi専用ソフトなどに対してリージョン制限があり、実質ニンテンドーDSiはリージョン制限のある本体だったので、ニンテンドーDSiと互換性のあるニンテンドー3DSにリージョン制限があるのは当然といえば当然なのかもしれません。

 情報元