ニンテンドー3DSでは、「タッチジェネレーションズ」とは言わない

ニンテンドー3DSでは、「タッチジェネレーションズ」とは言わない

 ニンテンドーDSシリーズで展開されていた、脳トレやえいご漬けなどの、ゲームの知識や経験を問わず幅広い世代で遊べるソフトの「タッチジェネレーションズ」シリーズについて、任天堂の岩田社長と宮本茂氏がコメントとしています。

 これによると、ニンテンドー3DSでは「タッチジェネレーションズ」というシリーズ展開はせず、任天堂の方針として「タッチジェネレーションズ」とは言わないことに決まったことが明らかにされています。

 ニンテンドー3DSでは、これまでの「タッチジェネレーションズ」に相当するソフトの発売予定はあるものの、もう既にゲームの経験がない人がゲームと接点を持つようになり、年齢も性別も経験も超えてゲーム機は皆のものになり、「シニアの人がゲームをするって言って驚いていた話は過去のこと」になったので、わざわざ「タッチジェネレーションズ」として区別することはやめたそうです。

 ニンテンドー3DSでは、あまりゲームのことを深く知らない人が楽しめるものとして、立体写真や3D映像が本体の機能として予め用意されているので、宮本茂は、ニンテンドー3DSというハード自体が「タッチジェネレーションズ」というような気持ちであるということをコメントしています。

 情報元