レベルファイブの日野晃博社長は、ニンテンドー3DSは「ゲーム機」ではなく「アイテム」と分析

レベルファイブの日野晃博社長は、ニンテンドー3DSは「ゲーム機」ではなく「アイテム」と分析

 任天堂のサイトで、「社長が訊く『ニンテンドー3DS』 ソフトメーカークリエーター篇 第1回 『レイトン教授と奇跡の仮面』」のインタビュー記事が公開され、レベルファイブの日野晃博社長がコメントしています。

 この中で、レベルファイブの日野晃博社長が、ニンテンドーDSやニンテンドーDS Lite、そしてニンテンドー3DSというハードについて分析しています。

 これによると、日野晃博社長は、かつて、ニンテンドーDSでは、任天堂以外のソフトが売れづらいと言われているのがなぜなのかを考え、「必ずしもゲーム好きな人がDSを持っているわけじゃない」という結論を出したそうです。
 また、特に、ニンテンドーDS Liteを持っているライトユーザーは、ゲームにおける最高のドキドキとクオリティを求めるというより、アイテム感覚でゲーム機を所持していると分析したそうです。

 そして、日野晃博社長は、ニンテンドーDSとニンテンドーDS Liteは別物だと考えており、ニンテンドーDSは「ゲーム機」であるものの、ニンテンドーDS LiteになったDSは「アイテム」であると分析しています。

 更に、ニンテンドー3DSについては、立体をその場で見られるということは時代性に合っていて、ニンテンドーDS Liteと同じように「アイテム」になると考えているとのことです。

 よって、レベルファイブの日野晃博社長の中では、ニンテンドー3DSは「ゲーム機」ではなく「アイテム」であり、その分析の元で、今後の販売戦略をたてているようです。

 なお、日野晃博社長は、「このハードにかけてもいい」と思っているぐらいニンテンドー3DSを重視しており、実際に数多くの発売予定タイトルを明らかにしていますが、日野晃博社長のハード分析をみる限りでは、レベルファイブはニンテンドー3DSでライトユーザーや女性向けなどのソフトを中心に発売していくと考えていいのかもしれません。

 情報元

 レイトン教授と奇跡の仮面(Amazon)

コメント

  1. 名無しですみません より:

    いやそうではなくて、DS Liteで一気にDSが普及したので、「DSと同じように普及するハードだと考えている」という意味で仰ったんだと思います。
    確かに、レベルファイブがDSで発売しているタイトルの多くが、
    女性や子供をメインターゲットにしている作品が多いのですが、
    DSは、幅広い層に受け入れられたハードなので、必ずしも「ライトユーザーや女性向けなどのソフトを中心に発売していく」ということにはならないのではないかと思います。
    実際、タイトルラインナップに「タイムトラベラーズ」の様なタイトルもあることですし…。
    勿論、プロモーションで一番なびくのはライトなユーザーなので、
    そういう風なプロモーションになるだろうなとは思いますが。