ニンテンドー3DSの3D写真は、MPOファイル

ニンテンドー3DSの3D写真は、MPOファイルなので他のメーカーの機器と互換性あり

 ニンテンドー3DSには2つの外部カメラがあり、ニンテンドー3DS本体を使って、3D写真、立体写真が撮れるようになっています。

 このニンテンドー3DSで撮影出来る3D写真は、MPOファイル(.MPOの拡張子)になっており、MPO形式でデータが保存されます。

 .MPOの拡張子の「MPOファイル」というものは、今はまだあまり一般的ではありませんが、「カメラ映像機器工業会」が定める標準規格の画像ファイル形式になっており、3D写真、立体写真で使われる画像のファイル形式です。

 このため、.MPOの拡張子の「MPOファイル」は、3D写真、立体写真が撮影出来る他のメーカーのデジタルカメラなどでも採用されています。

 よって、ニンテンドー3DSで撮影した「.MPO」の3D写真は、他の機器で撮影した3D写真と同じように、「MPOファイル」を編集出来るソフトなどで編集出来るかもしれません。

コメント

  1. 匿名 より:

    >ニンテンドー3DSでは、他のメーカーの機器で撮影された「.MPO」の3D写真を表示することが可能で

    ニンテンドーDSiでは他の機器で撮影した写真(JPEG形式)をSDカードに入れても読み込めない仕様になっていました。画像サイズを合わせたり、exifデータをDSiの仕様に変えても読み込めませんでした。
    ですので、ニンテンドー3DSでも他の機器で撮影した3D写真は読み込めないのでは?

  2. 管理人 より:

    コメントありがとうございます。
    実際に確認するまで記事変更しておきたいと思います。
    ご指摘ありがとうございました。