3DSのSDカードは最大2GBまで、SDHCカードは最大32GBまでの容量に対応

3DSのSDカードは最大2GBまで、SDHCカードは最大32GBまでの容量に対応

 ニンテンドー3DSは、SDカード(SDメモリカード)が使えるようになっています。

 ニンテンドー3DSのSDカードは、ダウンロードソフトの保存や、写真の保存などに使えますが、ニンテンドー3DSで使えるSDカードの種類が明らかになっています。

 ニンテンドー3DSで使えるSDカードは、まず、普通のSDカードの場合は、最大2GBまでのSDカードに対応しています。
 SDカードの上位バージョンのSDHCカード(SDHCメモリカード)の場合は、最大32GBまでの容量に対応しています。

 よって、普通のSDカードは基本的に規格上の最大容量が2GB、SDHCカードは基本的に規格上の最大容量が32GBになっているので、ニンテンドー3DSでは、SDカード、SDHCカードの容量を問わずに、基本的にはどれでも使えるということになっています。

 なお、一部の対応ゲームを除いて、ニンテンドー3DSではSDカードやSDHCカードにセーブデータを保存することは出来ず、セーブデータは基本的にニンテンドーDSと同じようにゲームカード(ROM、カセット)に直接保存するようになっています。

 また、SDカードについては、ニンテンドー3DS本体には、初めから2GBのSDカードが同梱されているので、通常は、容量が足りなくなったときに大容量のSDカードやSDHCカードを買い足すというような使い方になると思われます。

 ニンテンドー3DSの購入 

コメント

  1. 匿名 より:

    おもしろそう