任天堂の新しい本社ビルは、地下1階地上7階建てで、外観は旧本社ビルとほぼ同じ

任天堂の新しい本社ビルは、地下1階地上7階建てで、外観は旧本社ビルとほぼ同じ

 任天堂が以前から計画中の新しい本社ビルの建設について情報が出ています。

 これによると、任天堂の新しい本社ビルは、2008年に購入した、現在の本社近くのゴルフ練習場の跡地に建てられ、敷地面積4万0582平方メートル、本社ビルは免震構造で地下1階地上7階建て、延べ約5万0500平方メートルの規模を想定しているそうです。

 また、地下1階から地上6階が事務室、1階がエントランスホールや応接・会議スペースで、7階に食堂、バックヤード、大会議室などが作られるとのことです。

 そして、任天堂の新しい本社ビルの外観は、上の図のような現在の本社ビルとほぼ同じデザインになるようです。

 任天堂の新しい本社ビルは、外観が旧本社ビルとほぼ同じで、現在の任天堂の本社ビルも地下1階地上7階建てなので、イメージ的には新しい土地にそのまま建物を移すというような感じなのかもしれません。

 なお、任天堂の新しい本社ビルの建築については、以前から計画が進められていましたが、電波障害や景観問題などが生じるのではないかということで、周辺の一部住民の反対などがあって難航し、今回ようやく実際に建築が出来そうなところまで進展したという感じになっています。

 任天堂の現在の本社ビルについては、こちらのページで紹介されています。

 情報元

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名☆希望 より:

    うわ~、家から近かったのに~ww