Xbox 360のゲームディスクのバージョンが3になり、6.8GB以上の容量が可能に

Xbox 360のゲームディスクのバージョンが3になり、6.8GB以上の容量が可能に

 Xbox 360のゲームディスクのバージョンがアップされ、現在のゲームディスクの容量の上限である6.8GB以上の容量を入れることが可能になるようです。

 Xbox 360は、DVD形式のディスクを採用し、現在は2層DVDの場合、最大で6.8GBの容量になっています。
 通常、2層DVDの最大は7.95GBですが、Xbox 360の場合はセキュリティー関連のコードなどが入っていることで、7.95GBより1GBほど少ない6.8GBが最大値になっています。

 そして、今回Xbox 360のゲームディスク作成に新たなフォーマットを採用することで最大値を上げ、6.8GBよりも大きくすることが計画されているようです。
 今のところどれほど容量が上がるのかは不明ですが、最大で1GB上がるのではないかと言われています。

 これにより、一部でカウントされているXbox 360のゲームディスクのバージョンは2から3になります。

 Xboxのゲームディスクのバージョンは、初代Xboxから一部でカウントされていて、初代のゲームディスクのバージョンが1とされており、現在のXbox 360のゲームディスクのバージョンが2で、今回採用されると言われているもののバージョンが3になるようです。

 なお、Xbox 360のゲームディスクのバージョンが3になり、最大容量が増えるということは、マルチソフトではXbox 360の容量に合わせて開発されることもあるので、Xbox 360ユーザーだけではなくPS3ユーザーにもメリットになる可能性があります。

 情報元

スポンサーリンク

シェアする