北米で、Wiiが値下げされ、トワイライトプリンセスなどが廉価版になる

北米で、Wiiが値下げされ、トワイライトプリンセスなどが廉価版になる

 少し前から噂されていましたが、北米で、Wiiが値下げされることが正式発表されました。

 Wiiは、これまで、北米で199.99ドルで販売されていましたが、値下げ後は149.99ドルになります。

 また、北米で販売されているWiiは、本体の他に、「Wiiスポーツ」と「Wiiスポーツ リゾート」が同梱されていましたが、値下げ後のWiiにはそれらが同梱されず、「マリオカートWii」と「Wiiハンドル」が同梱されるようになります。

 そして、今回のWii本体の値下げに合わせて、Wiiソフトの廉価版が発売されることも発表されました。

 今回発表されたWiiソフトの廉価版は、「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」、「街へいこうよ どうぶつの森」、「スーパーマリオスタジアム」、「Wiiスポーツ」の4つで、各19.99ドルで販売されます。

 さらに、Wiiハンドルの黒(9.99ドル)の販売が開始されることも発表されています。

 Wii本体の値下げと、ソフトの廉価版、Wiiハンドルの黒の販売は、2011年5月18日に北米で開始される予定です。

 なお、Wii本体の値下げと、ソフトの廉価版、Wiiハンドルの黒の販売については、日本ではまだ何も発表されていません。
 ヨーロッパでは北米と同じように行われますが、廉価版のタイトルが、「マリオストライカーズ チャージド」、「おどるメイドインワリオ」、「Wiiスポーツ」、「街へいこうよ どうぶつの森」の4つになっているなど、内容が少し異なるようです。

 情報元

スポンサーリンク

シェアする