PSVは、赤字で販売し、発売から3年以内に黒字を目指す

PSVは、赤字で販売し、発売から3年以内に黒字を目指す

 PSP次世代機の「プレイステーションヴィータ」について、ソニーの平井一夫氏のコメントが掲載されています。

 これによると、PSVは、「ヴィータの本体販売で3年以内に利益を出す」ことを目標にしているそうで、本体の発売時点では利益のない赤字で、発売から3年以内に利益のある黒字へと転換させることを目指しているそうです。

 ソニーのゲームハードは、最初は赤字で、その後コスト削減などで徐々に黒字化させるパターンが多いですが、PSVITAについても同じような販売戦略になっているようです。

 情報元

コメント

  1.   より:

    逆ザヤしないんじゃなかったのか・・・

  2. 匿名 より:

    それほど自信があるんだなぁ
    PSPgoを踏み台にしただけのことはある

  3. 匿名 より:

    海外では大丈夫なのか?
    個人情報流出でソニーへの風当たりが強いらしいが