PS3の「CECH 3000」と「CECH 2500」の違いと変更点

PS3の「CECH 3000」と「CECH 2500」の違いと変更点

 PS3に新たな型番が登場することが発表されました。

 発表されたのは、以前から噂されていた「CECH 3000」シリーズです。

 PS3は現在、HDD容量の違いで160GBと320GBの2種類、それに加えて色違いが発売されていますが、「CECH 3000」シリーズでは、まず、黒の320GB版の「CECH-3000B」が発売され、その後、黒の160GB版が発売されます。

 「CECH 3000」と、前モデルの「CECH 2500」の違いと変更点は、あまり大きなものはありませんが、消費電力、重さ、外観、映像出力の仕様が変わっています。

PS3の「CECH 3000」と「CECH 2500」の違いと変更点 2

 
<PS3の「CECH 3000」と「CECH 2500」の違いと変更点>
・ 消費電力が、約230Wから約200Wに減少
・ 重量が、約3.0kgから約2.6kgに減少
・ 外観は、電源やイジェクトボタン、そしてそれらがあるパネルのカラーが変更されています。また、側面の質感(ツルツルから普通の表面に変更)や、LEDランプの省略なども行われています。(上の旧モデルのパッケージ画像と、一番上の新モデルの画像を比べると、銀色→黒色などになっていることが分かります。)
・ 映像出力に関する仕様が変更され、BD映像ソフト(BD-ROM)及び著作権保護技術の適用されたコンテンツ(放送番組など)を記録したBDをHD画質で観るためには、HDMIケーブル(別売り)が必要です。

 ちなみに、重さの減少は、ヒートシンク、ファンモーター、金属シールドの軽量化、ブルーレイドライブの軽量化、その他の細かなところの軽量化で実現されています。
 また、今回はCellやRSXのシュリンクが行われているというようなことはなく、回路上の大きな設計の変更は行われていません。

 
 「CECH-3000B」は、2011年6月から順次出荷され、以前のモデルと置き換えられます。

 値段は、2011年8月18日から価格改定が行われるため、HDD 160GB版が24980円、HDD 320GB版が29800円で販売されます。
 さらに、消費電力が下がっているということは、必要になる電気代も下がっているということなので、特に長時間プレイする人ほど、従来モデルよりもお得になるということになっています。

 新モデル PS3 160GB版「CECH-3000B」  320GB版(Amazon)
 160GB版  320GB版(楽天)   160GB版  320GB版(ビックカメラ)

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    値下げないのが残念だね

  2. 匿名 より:

    ソニーハードで唯一気に入らないのは価格だからな

  3. 匿名 より:

    LEDランプ無くすと言っているけど、どこを無くす訳だろうか。

  4. より:

    CECH 3000Aも同時に出さないのは在庫処理の関係?
    まあ12月には値下げあるだろな。

  5. 匿名 より:

    冬はモンハンやメタルギアのHD作品が出るから
    大きく値下げするとは思えない

  6. 匿名 より:

    なんだかんだでPS3売れてるから値下げしないと思うよ
    するならWii U出るときじゃないかな

  7. 匿名 より:

    ちょっとでも節電の協力できるならこれがイイね

  8. 匿名 より:

    消費電力はほとんど下がってないです
    下がったのは電源容量です

  9. 匿名 より:

    2500Aでも電源ボタン回りが3000同様に黒くなってるものもある。

  10. にこ より:

    値下げも発表された市買いやすくなったね