「ニンテンドービデオ」の海外版の内容

 先日、3DSで「ニンテンドービデオ」という動画配信サービスが開始されましたが、その海外版の内容が紹介されています。

 これによると、この場合はヨーロッパ版ですが、海外では、マジックの動画や、「オアシス!」(Oscar’s Oasis)というディズニーアニメの予告?などが観れるようです。

 日本では、現在、京都の街歩きやガールズコレクションの動画などが配信されていて、地域(国)ごとに違ったものが配信されるようになっています。

 なお、ニンテンドー3DSそのものにもリージョンロックが導入されていますが、「ニンテンドービデオ」は、接続元による振り分けなどで、基本的には異なる地域のものを観ようとしても観れないようになっています。
 これにより、ヨーロッパなどの複雑な地域分けがあるところでは、観れるはずなのに観れないというようなことも起こっているようです。

 そして、北米では、「いつの間にテレビ」や「ニンテンドービデオ」ともまた違う、「Netflix」という動画配信サービスもニンテンドー3DSで開始されています。

 これはNetflixという企業により提供されている動画配信サービスで、有料で映画などをオンライン視聴出来るサービスになっていて、北米ではWiiなどの他のゲーム機でも同じようなサービスが既に導入されています。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    このサービスは日本でもやるべきですね
    アニメや映画を有料で観れるようにするのは企業にとってもユーザーにとっても良いかと
    勿論保存も出来るようにしてほしい。もっとユーザー側の声が大きければ日本の任天堂も動くかもしれませんね

  2. 匿名 より:

    ソニー然り任天堂然り、絶対に日本より海外のサービスのほうが良いと思う。
    日本の会社なのに、このヒイキはなんなんだ?