ニンテンドー3DSの大幅な値下げを、この時期に行った理由

ニンテンドー3DSの大幅な値下げをこの時期に行った理由

 任天堂のサイトに、「2011年7月29日(金)第1四半期決算説明会」の資料が掲載され、岩田社長のコメントが紹介されています。

 この中で、なぜ今、ニンテンドー3DSの大幅な値下げを行ったのかについて、その理由が掲載されています。

 理由としては、非常に長いのですが、岩田社長は、

 
 まず、値下げを決断した理由ですが、ニンテンドー3DSの発売前・発売直後と、現時点とでは、状況が大きく異なっていると認識したためです。

 ゲームプラットフォームのビジネスにおきましては、勢いが非常に重要ですが、一度勢いが落ちてしまいますと、その流れを変えるためには大きな力が必要になります。

 6月にロサンゼルスで開催されたE3で発表いたしましたように、年末にはニンテンドー3DS用に有力タイトルが複数控えており、ハードの普及を加速させることができると判断しておりましたが、足下の状況を踏まえ、ニンテンドー3DSをニンテンドーDSシリーズの後継プラットフォームとして本来の普及軌道に戻すためには、相当に思い切った手段が必要だと考え、今回の値下げを決断しました。

 年末に予定されているような有力ソフトの無いこの時期にこのような値下げをしたことで、「任天堂は焦っているのではないか」という見方も一部にあるようです。

 もちろん私たちのビジネスは年末偏重であり、今回の値下げのインパクトだけを考えるなら、有力ソフトが揃う時期に値下げをした方が理に適っており、それがむしろ定石という考えから、値下げをするなら年末あるいは秋以降と予想されていた方が多かったのではないかと思います。しかし、私たちが、この時期に値下げを決断したのには理由がございます。

 まず、ニンテンドー3DSを発売してから私たちが認識したことのひとつに、この商品の魅力が伝わるのに、私たちの事前の想定よりも時間がかかっているということがあります。ニンテンドー3DSの内容を理解いただけたお客様には魅力をご評価いただいている手応えがありますが、それが必ずしも期待したスピードで広がってはおりません。この年末の有力ソフトの効果を最大化させるためには、その前に、今よりも相当多い台数のハードが普及し、新しいソフトの魅力が短期間でお客様の間に広がるような環境にしておかなければ、私たちの期待する爆発的な年末商戦にはならないと考えました。これがひとつの理由です。

 もうひとつの理由は、普及に対する懸念を早期に払拭しておくことが、小売店様、そしてソフトメーカー様の今後の力の入れ方に大きな差が生じると考えたからです。世界中の小売店様は、夏商戦の結果を踏まえて、年末商戦の棚割りや力の入れ方を決められますし、ソフトメーカー様は、来年以降に発売されるソフトの開発チームをどのように割り当てるのかを今検討されております。ニンテンドー3DSの普及に対する懸念を払拭することは、来年以降の対応ソフトを充実させるために非常に重要になると考えています。事実、昨日の発表の後、当社で世界各地の流通様、ソフトメーカー様から当社担当者にフィードバックをいただいておりますが、総じてポジティブに受け止めていただいているという報告を受けております。

 一言で申し上げますと、ニンテンドー3DSが、ニンテンドーDSの後継プラットフォームとして普及するためには、今思い切った手を講じる必要があると考えたということです。

 その意味で、値下げの効果は短期的なものとしてではなく、この年末商戦まで、おおよそ4カ月ほどの期間で、どのようにこれが効くのかということで判断していただきたいと思います。

 ハードウェアの量産効果が出る前の現時点でのこのような大胆な値下げの実施は、当然ハードの販売において損失が出ることになりますし、その結果、今期の収益には非常に大きなマイナス影響が出ることになりますが、ニンテンドー3DSが当社のビジネスを支えられるようなプラットフォームに育つためには、たとえ短期の収益に影響が及んだとしても、最大限の手を、今打つべきだと判断いたしました。

 
と、コメントしています。

 ざっくり言うと、特に2つ目の理由の、売れていないイメージが定着し、小売りからも、サードパーティーからも見切りをつけられそうになっているから、その前に何とか盛り上げたいということの理由が大きいのではないかと思われます。

 ニンテンドー3DSは、オフシーズンや、シーズンオフとも言える、年末年始の商戦が終わった2月に発売し、時期としては一番盛り上がらないときに出しているので、年末までの低迷は想定の範囲内かと思われていましたが、小売りやサードパーティーの判断はそこまで待てず、厳しいものだったようです。

 元々、任天堂ハードは、クリスマスプレゼントやお年玉による特需が他のハードよりも大きいので、やはり、発売後、好調に売れているという印象を付けるためには、普通に年末前の発売にしておくべきだったのかもしれません。

 なお、任天堂は、Wii Uを来年の春から夏に発売する予定にしているという情報もあるので、ここでも3DSと同じ過ちを繰り返さないように、もしこの情報が本当ならば、Wii Uの発売時期を変え、普通に年末前の発売にすべきなのかもしれません。

 情報元

 新価格版 アクアブルー  コスモブラック  フレアレッド(Amazon)
 楽天  ソフマップ  ビックカメラ

コメント

  1. 作者不詳 より:

    PSvitaの発表後では全然響いてこないなぁ…

    3DSでソフトをプレイする魅力があまり感じられない。
    特にアクションやレースゲームなんかは若干体が動いてしまうので、
    3Dがブレて二重に見えてしまい、目が疲れて、魅力激減し、
    結局2Dモードに戻してプレイしてしまう。
    これでは意味がない。

    vitaは仕様としては魅力的だが、ソフトがPS3と同じようでは意味がない。
    やはりモンハンなどにみられる積極的にプレイ参加出来るソフトが
    起爆剤になるのだろう。

  2. 匿名 より:

    WiiUは今年の冬に出すべきですね
    任天堂はクリスマスシーズンに強いので良いスタートが切れるかと

  3. より:

    任天堂の3DSへの本気を感じたから早期値下げもしゃーない。
    20本貰えるみたいだし、これからを期待します。

  4. (´ω`) より:

    3DSが売れなかった理由が一番盛り上がらない時期に発売したからだ、と強調されてるけど正直な所、値段設定に一番問題があったと思う。任天堂ハードは低価格なのがウリだと思うので。

  5. 匿名 より:

    たらればで悪いが
    2011年の2月じゃなくてこの7月に2万円でロンチに時のオカリナとスターフォックスのリメイク
    そして11月にスーパーマリオ3Dランド12月にマリオカート7だったら今と状況は違っていただろう
    Vitaの値段設定が脅威になったのもあるけど結局は魅力的なソフトを揃えられなかったのが大きい
    サードの3DS向けタイトルも意欲作が少なく注目タイトルがいまだに発売されてなかったり発売延期になったりする始末じゃーな
    3Dの見え方や疲れやすさに個人差があって等しく魅力になり得なかったりとVitaがどうこうなどという問題ではなくただの独り相撲
    ハードありきでソフトを疎かにしたのが全ての失敗で、3DSなんてつけちゃったから3DS専用ゲーム全て3D対応にしなければいけなくなった
    3D映画でも話題になったのがアバターくらいでほとんどの映画が2Dで公開されている
    DSゲームの一部がボリュームを上げる事で3Dでも遊べると言う風にしていたらDSの後継機として受け入れられていたかもしれない
    異例の1万円値下げを行っても魅力的なゲームが無いのだから即効性は無い
    値下げ効果が出てくるのはマリオなどのタイトルが出てきてからになるのは明らか
    それでも方向転換を余儀なくされるだろうから、3DSは短命になるんじゃないだろうか
    WiiU含めてこの失敗から任天堂が何を学び次の巻き返しをするのかに期待するしかない
    全ては3Dを全面的に持ち上げて売ろうとしたのが愚かだったのだ

  6. とおりすがり より:

    他の任天堂ハードの値下げと違って、ちゃんと勝負かけてる感じするからいいよ。とにかくがっちり普及させてほしいです

    関係ない話だけど、3DSはかなりいい音出るので、音が良かったDSソフトやるとかなり燃える
    真女神転生SJとかリズム天国、ポケモンとA列車で試したけど、かなりよかった
    3Dだけじゃない魅力ももっと伝えていってほしいです
    けっこういいハードだと思うんだけどなー
    PSVitaと違う方向性で、両者栄えるといいな

  7. M より:

    値下げ、最悪

  8. 富士山 より:

    一万円かえせー!!

  9. 世界恐慌 より:

    景気悪いから業者の都合で振り回される客が増えてるな。
    DS然りスマートフォン然り・・
    消費者も高額商品を買う時は、物の動向やメーカーの思惑
    まで探ってからじゃないと大枚ハタいて泣き寝入りって事に。
    お互いの腹(買い時)を探り合って、ますます景気が悪くなら
    なきゃ良いが・・。