「バイオハザード リベレーションズ」は、家具移動などの昔のネタがあり、日本語吹き替えに初対応

「バイオハザード リベレーションズ」は、家具移動などの昔のネタがあり、初の日本語吹き替えに対応

 ニンテンドー3DSで発売予定の「バイオハザード リベレーションズ」の公式サイトが更新されました。

 今回の更新では、「INTRODUCTION」の「ゲーム概要」のページで、往年のファンもニヤリとさせられるギミックが満載であることが明らかにされています。

 これは、今回のゲームは、昔のバイオハザードのように謎解き要素が多くなっているということで、「ドアにカギがかかっていてイカリの装飾がある」という、過去の作品で出会ったような謎が登場することが紹介されています。
 また、部屋の家具を押して移動するというものや、ショットガンが部屋の壁に飾られているというような、同じく昔の作品で出会ったような謎も登場するようです。

 そして、「INTRODUCTION」の「シリアルドラマ形式」のページでは、アメリカの連続ドラマの手法を参考にし、今回は章形式で物語が進み、各チャプターの最初には、前回までのエピソードを短くまとめたムービーが用意されていることも明らかにされています。

 さらに、「バイオハザード リベレーションズ」は、シリーズ初となる日本語吹き替えに対応していることが明らかにされています。
 配役としては、クリス・レッドフィールド役が東地宏樹氏、ジル・バレンタイン役が湯屋敦子氏であることが明らかにされています。
 なお、従来の英語ボイスと日本語字幕も収録されているので、好きな形式でプレイ出来るようです。

 公式サイトでは、他には、「SYSTEM」、「CHARACTER」、「CREATURE」のページも更新されていて、キャラクターのページには、「レイチェル」という新キャラも追加されています。

「バイオハザード リベレーションズ」は、家具移動、ショットガンが部屋に飾られているなどの昔のネタがあり、初の日本語吹き替えに対応

 なお、「バイオハザード リベレーションズ」は、東京ゲームショウ2011に出展され、そこでプレゼントも用意されていることが明らかにされています。

 これは、カプコンブースに来た人に、ジルとパーカーのスペシャルMiiが配布され、試遊を体験すれば、さらに2体のスペシャルMiiと、TGS限定プレミアムサウンドトラックCDがもらえるということになっています。

 公式サイト

コメント

  1. MERCENARY より:

    楽しみだなぁ。
    吹き替えでも英語でもできるとは最高だ。

  2. DSC4 より:

    期待せずにはいられない!
    すれ違いで、特殊な武器なんかが造られたらいいなwww

  3. jinba より:

    これは期待だな。
    確かに昔の要素が薄れつつあったから復刻は非常にうれしい!

  4. akr より:

    正直吹き替えはいらないし昔懐かしネタはベロニカにもあったよな…
    数年後に据え置き機に移植されそうだ

  5. mogu より:

    3dsほしいな!ジルが主人公っていいね 謎解きありきのバイオだからこれは期待してますww