PSVITAのバッテリー持続時間の短さは、周辺機器で対応する

PSVITAのバッテリー持続時間の短さは、周辺機器で対応する

 SCEの吉田修平氏が、PSVITAのバッテリー持続時間の短さは、周辺機器で対応することが可能になっていることを明らかにしています。

 まず、PSVITAのバッテリー持続時間は、目安として

・ ゲーム : 約3~5時間
・ 動画再生 : 約5時間
・ 音楽再生(スタンバイ時) : 約9時間
 ※ スクリーンの明るさは工場出荷時の設定、Bluetooth機能不使用、ヘッドフォン使用時
 ※ ゲームはネットワーク機能不使用時
 ※ スクリーンの明るさやネットワーク機能(モバイルネットワーク/ワイヤレスLAN)の利用状況、お楽しみ頂くコンテンツの種類によって持続時間が異なることが有ります。

と、公式発表されています。

 また、ACアダプターによる充電時間は、バッテリー残量がなくなった状態から充電したとき、約2時間40分掛かることが発表されています。

 そして、このように、バッテリー持続時間があまり長くなく、充電時間も短くないため、PSVには、外付けバッテリーと言うべきような「ポータブルチャージャー」が、公式の周辺機器として準備されています。

PSVITAのバッテリー持続時間の短さは、「ポータブルチャージャー」周辺機器で対応する


<ポータブルチャージャー>
 PlayStation Vitaをフル充電可能なリチャージブル電池内蔵携帯型チャージャーです。長時間でのプレイがしたい時や、外出先で電池がなくなった時の予備としてご利用頂けます。

・ 型番 : PCH-ZPC1 J
・ 希望小売価格 : 未定
・ 発売日 : 2012年春発売予定
・ 仕様 :
  定格入力 5V/ 1.0A
  定格出力 5V / 1.5A(USBType-A)
  電池容量 5,000mAh
  サイズ 縦70.0mm × 横67.0mm × 厚さ22mm
  重量 約145g

 このようなものは、携帯電話などでも発売されており、おそらくこの「ポータブルチャージャー」しかPSVITAで使えないということではないと思われますが、公式に周辺機器を発売することで、バッテリー持続時間の短さを少しでも解消するようにしているようです。

 なお、バッテリー関連のものとしては、他には、車の中で充電出来る「カーアダプター」というものも発売される予定になっています。

PSVITAのバッテリー持続時間の短さは、「カーアダプター」周辺機器で対応する


<カーアダプター>
 PlayStation Vitaを車の中で充電したい時に使用する電源アダプターです。

・ 型番 : PCH-ZCA1 J
・ 希望小売価格 : 未定
・ 発売日 2012年春発売予定
・ 仕様
  定格入力 12/24V DC 入力
  定格出力 5V / 1.5A
  サイズ 縦102.0mm × 横41.0mm × 厚さ25mm
  重量 約45g

 情報元

コメント

  1. ペップ より:

    説明の仕方がセコイな
    3DSは立体機能OFFにしたりすれば公称時間よりさらに稼働時間が増えるけど
    この測定の仕方はとてもじゃないが実際のプレイスタイルを反省したとは言いがたいな

    まぁ今の時代に25000円でこれだけの性能のマシンを発売した事は凄いけど
    バッテリーやラインナップ、3Gの料金体系を見ると別に今出さなくてもというきがしないでもない。
    あと2年後3DSのラインナップが収束してきてからでも良かったよな・・・

  2. 匿名 より:

    別売りメモリを買わせる上に、更にバッテリーまで。
    公称では2500円とあるが、とても収まりそうにないな。30000超えるだろ。

    っていうか、未だにタダのゲーム機に3Gをつける意味が解らないわ。

  3. サボテン より:

    フルで2時間とか・・・
    周辺機器で大丈夫ですってセコイというか汚い

    後はペップさんと同じ

  4. より:

    ゲームボーイにもコレみたいな周辺機器はあった
    コレを叩いているのはゆとり

  5. 匿名 より:

    Vitaは確かにすごいが・・・
    別売りメモリ、3G回線の料金に加えて今度はポータブルチャージャーか。
    こんなんだったらスマホ買うわ。

  6. 匿名 より:

    ゲームボーイは12800円。vitaは24800円。値段が違いすぎる。