「星のカービィWii」は、GC版とは別のもの、これまでより難易度は上昇、チュウもする

「星のカービィWii」は、GC版とは別のもの、これまでより難易度は上昇、チュウもする

 任天堂のサイトに、「社長が訊く『星のカービィWii』」のインタビュー記事が掲載されました。

 この中で、今回の作品が誕生するまでの過程が紹介されています。

 これによると、「星のカービィWii」が誕生するまでの11年の間に、ハル研究所で開発していたカービィのゲームとしては、3つの幻になったソフトがあったそうです。

「星のカービィWii」は、4人プレイのゲームキューブ版とは別のもの、これまでより難易度は上昇、チュウもする

 1つは、昔、スクリーンショットも公開されていた、ゲームキューブで発売される予定だった4人同時プレイが出来るカービィで、シングルプレイとマルチプレイを共存させることの難しさを感じ、望んでいるクオリティを達成出来なかったため、完成までいたることはなかったとのことです。

「星のカービィWii」は、GC版、3Dの箱庭の空間版とは別のもの、これまでより難易度は上昇、チュウもする

 2つ目は、カービィを完全な3D空間に置いて、箱庭の中を自由に動き回れるようにしたソフトで、これも望んでいるクオリティを達成出来なかったため、完成までいたることはなかったとのことです。

「星のカービィWii」は、ゲームキューブ版、絵本やアニメーション版とは別のもの、これまでより難易度は上昇、チュウもする

 3つ目は、絵本の中から飛び出したような、遊べるアニメーションのカービィで、今までのコピー能力を一新して、さらにパワーアップさせることを目指したものの、同じく、完成までいたることはなかったとのことです。

 よって、最後に据置用としてスクリーンショットが公開されていたものがGC版で、4人同時プレイという共通の仕様もあるため、「星のカービィWii」はGC版が完成した作品だとも一部で思われていますが、実際はそうではなく、3つの作品の開発の経験は活きているものの、今回のゲームは、以前に発表されていたGC版などとは別の作品になっているようです。

 そして、今回のゲームの難易度については、4人までの同時プレイに対応するということで、例えば、ピンチがおきて「お兄ちゃん、手伝ってよ」というようなシチュエーションが生まれると考えたので、全体的にいつもより少し難しい場面をつくるようにし、後半はこれまでのシリーズより、やや難易度が上がっているそうです。

 また、今回のゲームは、自分のカービィのHPが減ったときに、仲間が助けてくれるようになっていて、そのHPを分けてくれる動作として「チュウ」が取り入れられていることも明らかにされています。
 この「チュウ」は、「そのシーンがかわいくて仕方がないんです!」とコメントされていて、カービィファン必見のシーンになっているようです。

 「星のカービィWii」については、他には、「カービィが触れると持って運ぶことが出来る新しいアイテム」の「キャリーアイテム」というシステムが導入されていること、やりこみ要素として「パーツ探しの旅」というものが導入されていることなども明らかにされています。

 社長が訊く『星のカービィ Wii』

 ソフトの購入 : Amazon  楽天

 星のカービィWii 攻略本

コメント

  1. より:

    チュウか…
    リボンやアドレーヌ使えたらなぁ

  2. 大地 より:

    リック、クー、カイン、ナゴ、チュチュ、ピッチも使いたい!