PS3のシステムソフトウェアがバージョン4になり、PSVITAに対応

PS3のシステムソフトウェアがバージョン4になり、PSVITAに対応

 PS3のシステムソフトウェアがバージョンアップされました。

 今回の更新により、バージョンは「4」になり、PlayStation Vitaに対応するバージョンになっています。

 PSVへの対応は、音楽、ビデオ、画像などのコンテンツや、ゲームなどのアプリケーションを、PS3とPSVの間でコピーすることが出来るというものです。
 また、PSVのデータをPS3にバックアップすることも可能で、PS3のネットワーク機能を使って、PSVのシステムアップデートをすることも出来ます。

 なお、PS3とPSVITAの連携は、PS3とPSVをUSBケーブルで接続して、操作はPSVから行います。

 バージョン4で追加される機能としては、他に、以下のようなものもあります。

・ Blu-ray Disc(BDMV)の再生において、アップコンバート出力とシネマ変換に対応しました。
・ [本体設定]>[自動アップデート]で、アップデートする項目を選択出来るようになりました。この機能を使うには、PlayStation Plusへの加入が必要です。
・ [PlayStation Network]>[アカウント管理]に[プライバシー設定]を追加しました。フレンド依頼とメッセージを受信する範囲を設定出来ます。

 情報元

スポンサーリンク

シェアする