2012年のニンテンドー3DSの大作ソフトは、4GBのROMが主流に

2012年のニンテンドー3DSの大作ソフトは、4GBのROMが主流に

 2012年のニンテンドー3DSの大作ソフトは、4GBのROMが主流になっているようです。

 ニンテンドー3DSで4GBのROMが使われるのは、「バイオハザード リベレーションズ」、「NEWラブプラス」、「メタルギアソリッド スネークイーター 3D」、「キングダムハーツ 3D」などがあります。

 ニンテンドー3DSのROM容量については、3DS「戦国無双 Chronicle」の社長が訊くで、岩田社長が、

 ただ、3DSの発売のタイミングで、
 2ギガバイトのロムを用意するのは、けっこう大変だったんです。
 でも、ソフトメーカーさんとやりとりしている業務部からは、
 社外の方々のご要望を受けて、大変強いリクエストがあったんですね。
 任天堂内部のソフト開発スタッフからは、
 「こんな大きな容量は最初からは、いらないんじゃないか?」
 「そもそも、この大容量をどうやって埋めるの?」
 という声もあったくらいなんですが・・・。

というコメントをしており、3DS発売時には2GBでも多いのではないかというような任天堂の考えもあったようですが、サードパーティー的には、ハード発売から1年で、既に4GB ROMを使うような状態になっており、今後はもっと大容量のROMが必要になって来るような状況のようです。

 なお、当然ながら、ROM容量の少ない大作ソフトというものもあるので、ROMの容量が大作である基準になったり、ゲームの面白さに直結するということではありません。

 情報元

コメント

  1. ロム より:

    VITAのゲームカードが今4GBだっけ?
    容量はどっちも変わらなくなってるね

  2. 匿名 より:

    同じ容量でも描画能力が違うわけだから
    3DSのほうが余裕あるってことになるけどね

  3. ナイト より:

    容量も大事だが、面白いソフトをこれからどんどん作って欲しい。

  4. 匿名 より:

    任天堂はもっとサードの意見を早く聞くべきだった

  5.  s より:

    技術的には8GBまで可能だったはず

  6. 匿名 より:

    今はカートリッジでDVDとおんなじ容量を提供できるようになったんだから、時代の進歩ってすげぇな
    ディスク読み込みがないだけでも、光ディスクからROMに戻した意味はあったな

  7. 匿名 より:

    やろうと思えば16GBも出来るだろうけどXbox360とかWiiのディスクが4Gって事考えるとなー
    据え置きレベルのゲームが普通に携帯機で作れる時代だ

  8. QB より:

    ゲームの面白さに直結するわけではないかもしれないが、やはり大容量のゲームもプレイしたいところ。
    幅が広がるという意味で、任天堂にはこれからもサードの要望に応えていってほしい。

  9. 匿名 より:

    画面小っちゃい><
    PSVをやった後に3DSやると疲れる
    PSPでも

  10. 匿名 より:

    据え置き並の容量のゲームを携帯で出来るなんて時代も変わったなー
    GBからやってるとホントそう思う

  11. 匿名 より:

    容量を圧迫するのは、描画能力それ自体ではなく、
    高い描画性能のおかげでキャラや背景に乗っけられる密度の高いテクスチャとか
    高精細なプリレンダムービーなどでしょうね

  12.   より:

    じゃあそんな疲労残すPSVやらなきゃいいんじゃねw

  13. 匿名 より:

    4GBが主流になるのも時間の問題だと思ってました。

  14. DSC4 より:

    大容量って聞くだけで「おぉ!」となってしまう自分はゲーム暦30年・・・
    CDロムで感動していた時代が懐かしい

  15.   より:

    3DSの画面の大きさ、グラならVITAより容量とらんだろうし
    4GBなら相当大容量、ボリュームがあると考えていいんじゃないかな

  16. やればやるほど より:

    大容量ディスクシステムは遠い昔

  17. 匿名 より:

    近年、性能が高くなるばかりで
    つまらないゲームが増えてる。
    性能だけでなく、内容でも勝負してほしい。

  18. 匿名 より:

    画面の大きさとROM容量は関係ないんじゃ
    フィルレートの問題になってくると思うが